高齢社会の解決の生活支援サービス

「3人に1人」が65歳以上の超高齢化社会。医療・介護サービスは不足となり、「生活支援サービス」が必要不可欠に。

※シードプランニングの推計

「3人に1人」が65歳以上の超高齢化社会。医療・介護サービスは不足となり、「生活支援サービス」が必要不可欠に。

75歳以上の後期高齢者が2,000万人を超える2025年には、「3人に1人」が65歳以上の時代となり、医療費の増大、介護人材の不足、医療福祉財源の崩壊などが想定され、それらの
危機がひとつの大きな社会問題となっています。その抜本的対策となるのが、予防医療や介護予防による要介護者の増加を抑える取り組み、そして高齢者の暮らしを支える生活支援サービスの強化。私たちベンリーは、この問題が顕在化する1990年から、生活支援サービスによる社会貢献を開始しています。

生活支援サービスの市場規模

2025年 1兆3000億円